some backgroundsymbolduosome background
some background

笛は歌い、笛は笑う
笛は集い、笛は踊る
笛は広がり、笛は飛び立つ
笛は無限、笛はパラダイス!!

instrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrument
instrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrumentinstrument

ライブ映像をアップしました (2022.7.21船橋市民文化創造館きららホール)

「笛」ってこんなにいろんな表情の音楽を作り出せるんだ!

nodasanyurisan

野田晴彦野田晴彦(6つの笛)Haruhiko Noda 
笛吹きコンポーザー。兵庫県宝塚市出身。
会社勤務を経て、1982年NHK「みんなのうた」に作品が採用されたのを機に作曲家として活動開始。
CM、TVドラマ、映像などの分野で作曲を手がけるほか、沢田研二、竹下景子、近藤正臣、浅丘ルリ子、渡辺えり、布施明各氏主演の舞台演劇の作曲・音楽監督を担当してきた。手がけた仕事のおはなしはこちら96年、カルロス・ヌネス氏の吹くリコーダーとウィスルを聴き、既成概念にとらわれない自由な発想に衝撃を受ける。
笛の習得に40歳をすぎてゼロから取り組む。
現在、サンポーニャ、ケーナ、バーウ、ウィスル、篠笛、リコーダー、この6種類のトラディショナル笛の<新たな魅力>を発信中。

赤星ゆり東京都出身。国立音楽大学ピアノ専攻。クラシックの器楽や声楽とのアンサンブルを学んだのち、ポップス、ジャズ、ワールドミュージックなど、様々な音楽のスタイルを習得、スタジオ・ミュージシャンとしてTV番組や演劇などの音楽のレコーディングに多数参加。 イマジネーション豊かなプレイに定評がある。チェンバロ製作家・山下真一氏と出会い、94年頃からチェンバロを弾き始める。 チェンバロでブギウギ、レゲエ、ラグタイムなどPOPアプローチに取り組む。 ファンシーな音色を持つユニークな鍵盤リコーダー「アンデス25」を使ったパフォーマンスも好評。インタビューブログはこちら

some background

野田晴彦野田晴彦(6つの笛)Haruhiko Noda 
笛吹きコンポーザー。兵庫県宝塚市出身。
会社勤務を経て、1982年NHK「みんなのうた」に作品が採用されたのを機に作曲家として活動開始。
CM、TVドラマ、映像などの分野で作曲を手がけるほか、沢田研二、竹下景子、近藤正臣、浅丘ルリ子、渡辺えり、布施明各氏主演の舞台演劇の作曲・音楽監督を担当してきた。手がけた仕事のおはなしはこちら96年、カルロス・ヌネス氏の吹くリコーダーとウィスルを聴き、既成概念にとらわれない自由な発想に衝撃を受ける。
笛の習得に40歳をすぎてゼロから取り組む。
現在、サンポーニャ、ケーナ、バーウ、ウィスル、篠笛、リコーダー、この6種類のトラディショナル笛の<新たな魅力>を発信中。

赤星ゆり東京都出身。国立音楽大学ピアノ専攻。クラシックの器楽や声楽とのアンサンブルを学んだのち、ポップス、ジャズ、ワールドミュージックなど、様々な音楽のスタイルを習得、スタジオ・ミュージシャンとしてTV番組や演劇などの音楽のレコーディングに多数参加。 イマジネーション豊かなプレイに定評がある。チェンバロ製作家・山下真一氏と出会い、94年頃からチェンバロを弾き始める。 チェンバロでブギウギ、レゲエ、ラグタイムなどPOPアプローチに取り組む。 ファンシーな音色を持つユニークな鍵盤リコーダー「アンデス25」を使ったパフォーマンスも好評。インタビューブログはこちら

some background

笛はパラダイス!!野田晴彦&赤星ゆり
6つの笛とピアノによるインストポップDUO

南米アンデスのサンポーニャとケーナ、中国雲南省のバーウ、ケルトのウィスル、日本の篠笛、リコーダー。この笛たち、伝統音楽だけやってちゃモッタイナイ!!『笛はパラダイス!!』は、この6つの笛とピアノのアンサンブルで、いままでになかったイントゥルメンタル・ポップをお届けするDUOユニットです。
2017年12月よりコンサート・シリーズをスタート。 レパートリーは、
●作曲家として長年TVや演劇の音楽を手がけてきた野田晴彦のオリジナル曲。
●ポピュラーな名曲のオリジナル編曲。
●お客さまからのリクエスト。
すべて<笛パラ!!オリジナル>心づくしの手仕事です。
本来は世界各地の伝統音楽を演奏するこの6つの笛ですが、ジョーシキをちょこっとくつがえしてみると、「へえ~!この笛でこんな音楽ができるのね!」と新しい音楽表現のトビラが開きます。
センス・オブ・ワンダー満載の『笛パラ!!DUO』。
ライブハウス、コンサートホール、図書館、美術館、プラネタリウムなどでコンサートをお届けしています。

お問い合わせ
duo